どの豆を選べばいいの?

自分の好みを知ってください。

コーヒーには大きく分けると苦味の強いものと酸味の強いものがあります。ご自分がどちらのコーヒーが好きか、知っておいてください。お酒でもそうですが、ビールが飲みたいときもあれば、ワインが飲みたい時、日本酒が飲みたい時などあるわけですから、「今日は苦味のコーヒーにしよう。」「今回は爽やかな酸味を楽しもう」など気分で飲み分けるのもコーヒーの楽しみ方の一つだと思います。すると段々と自分の好みがわかってきます。

「酸っぱいコーヒーは苦手」とおっしゃる方が多いのですが、鮮度の良くない“酸化したコーヒー”を飲んでそう感じられる場合が多いように思います。ぜひ早苗の「浅煎りスペシャルティ」を飲んでみてください。それでも苦手なら本当に酸味が苦手な方だと思います。

店のオリジナルブレンドとシングルオリジン

何種類かの豆をその店の考えでミックスしたオリジナルブレンドは、その店が自信を持って勧めるものです。(原価の安い豆を混ぜることが多く、廉価で出せることも多いのですが、早苗の豆はすべてがスペシャルティなので原価率が低いわけではありません)

シングルオリジンは1種類の豆だけしか使っていないものです。「ハワイコナブレンド」とか「ブルーマウンテンブレンド」などは高級な「ハワイコナ」や「ブルーマウンテン」を一定割合以上混ぜたブレンドコーヒーで「シングルオリジン」とは呼べません。

酸味と苦味は焙煎度で変わる

どのコーヒー豆も浅く煎ると酸味が強く、深く煎るほど酸味が減り苦味が強くなってきます。それぞれの豆には特長があるので、この豆は浅煎りにしてフルーティーな酸味を楽しんだほうが良いとか、この豆は深煎りにすると苦味とともにコクも出て美味しいなどそれぞれの特長を活かした焙煎度合いがあります。

早苗では推奨焙煎度を表示してありますが、好みは人それぞれです。爽やかな酸味を楽しみたい人はあえて推奨焙煎度より浅く煎ってみるのもありかもしれません。

一般的にアイスコーヒーはホットコーヒーより少し深めの焙煎度のほうが好まれる傾向があります。